世界中で摂られている発酵食品

日本に発酵食品が多いのは良く知られていますが、世界の中でも色々な発酵食品があります。

例えば、韓国のキムチ、ドイツのザワークラウトは有名な発酵食品です。

自然の力で発酵を促しているのが、北極圏に住むイヌイット族です。

 

彼らの代表的な食べ物にこんなものがあります。

海鳥(ウミスズメ類)をアザラシの中に詰めこみ、地中に長期間埋めて作ります。

地中といっても万年雪の北極圏、そこに、放置し、時間が経過してから取り出して食べるという方法です。

 

要するに少し腐り始めた状態というわけです。もっと言えば、発酵状態の肉を食べます。

そうするとたんぱく質分解酵素が増加し、たんぱく質に変わり、消化の良い状態になるわけです。

 

このことを誰に教わるわけでもなく、彼らは行っているのです。

そして体内酵素を無駄遣いしない方法によって、彼らは健康を保っています。

 

この肉を食べた人が美味しかったという感想を述べています。

私たちが良く食べる刺身も魚の中で一番消化が良いとされています。この刺身も発酵食品だと言えます。

 

ベルタ酵素ドリンク 断食