冷え症改善・予防方法!

体が冷えるということは、全身に巡っている毛細血管の流れが悪くなり、栄養や酸素など体に必要なものが全身に行き届かず、老廃物の処理も困難となっている状態です。特に、末しょうの手足から冷えが起こります。また、体温が1°下がると免疫力が30%下落するといわれています。これは、健康にとっても大きなリスクです。

冷えの原因としては、生活の習慣や運動の不足が挙げられます。そこで、おすすめの冷え改善・予防方法を紹介したいと思います。

1つ目は、下半身を温めること。特に、足先の保温を行ないましょう。就寝中に靴下を着用すること(締め付けの無いゆったりたとした靴下にしましょう)、日中も厚めの靴下や5本指靴下を履くと足の冷えが予防されます。

2つ目は、運動です。運動によりふくらはぎの筋ポンプ作用を利用し、筋肉の縮ませたり、緩ませることで血液の循環を改善していきます。ジョギングやスクワット、太極拳などおすすめです。

3つ目は、靴下も運動もしたくない人におすすめの、簡単に行える足湯です。バケツや洗面器にお湯を張りましょう。湯の深さは、外くるぶしの真ん中ぐらいで温度は40°で6分間、両足が赤くな程度まで浸かります。これを朝と夜の2回行ないましょう。そうすることで足の冷えが解消されていきます。

冷えは、様々な病気の原因を引き起こします。今回、紹介した冷え性予防や改善方法を実践し、健康な生活を送りましょう。

 

フレッシュフルーツ青汁