ダイエットに訪れる停滞期

ダイエット中に訪れる停滞期はだれでも経験済でしょう。ここであきらめる人も非常に多いです。摂取カロリーよりも消費カロリーの方が高ければ、体重は減少していくはずなのに、停滞期現象はなぜ起こるのでしょうか?人間にもともと備わっている機能である「ホメオスタシス機能」(恒常性維持機能)によるものなのです。ホメオスタシス機能とは、体を恒に正常に一定した状態に 保とうという機能のことでホメオスタシス機能は、身体の健康状態を記憶していて、何か急激な変化を感じた場合に、元の健康状態へと戻そうと働いてくれ ます。つまりは体重の減少をいったん体は急激な変化の危険信号としてもとに合った状態へとお戻そうと抵抗してくるわけです。健康になるために痩せている人からするとたまったもんじゃないですがしょうがないです。この機能はダイエットだけに現れるわけではないので人間の大事な機能の一つとして理解し受け入れ、向き合わなければなりません。これは大体2週間から1カ月ほどは続くのであきらめずキープしましょう。カロリナ酵素プラス 口コミ