正しいダイエット方法はリバウンドのリスクが少ないもの

無理なダイエットによって急激に体重を落としてしまうとリバウンドする可能性が高くなります。現代の日本において、食べ物の欧米化による肉料理中心の生活が一般化してきているのは皆が知っているとおりです。大勢の人が増えすぎた体重をコントロールするために、ダイエットに取り組むようになりました。身体に負荷がかかるほどのダイエットをたくさんの人がしている背景には、健康や、美容への意識の高まりもあります。

急激なダイエットは、健康上あまり良いとは言えませんし、必ずと言って良いほどリバウンドをします。生活習慣の改善と、運動が、ダイエットの二本柱といえます。食べ物を過度に抑えたダイエット方法は、一時的に体重は減りますが、食べないことにより胃の大きさが小さくなります。ダイエットによって胃の許容量が減っていくのですが、小さな胃になったところに普段の食事をしてしまうと、許容量の範囲以上の食事量になります。胃が小さくなってから、許容オーバーの食事をすると、食べ過ぎだと判断され、体脂肪として貯め込まれます。リバウンドが発生するリスクを抑えるためには、食事制限はほどほどにして、運動量を増やして、消費カロリーの多い状態を保つことです。

食事量を減らさないようにするためには、偏った栄養の食事をするのではなく、必要な栄養素を万遍なく取れるような食事制限をしなければいけません。胃を縮めずに適度な食事制限を行うことで、食べたものが体脂肪になって体重を増やすようなリスクもおかさずにすみ、あとは運動によってリバウンド対策が可能です。